ドッグフード選びに

皆さんは「アレルギー」を持っているでしょうか。
人によっては甲殻類を食べることが出来ない人や、そばを食べられない人もいるかと思います。
また、花粉症というのもアレルギーの一種であることを考えると、何かしらのアレルギーを持っている人はかなり多いのではないでしょうか。
このアレルギーという症状は、実は人間にだけ起こるものではありません。
「免疫機能」を持っている動物であればアレルギーになる可能性があり、ペットとして人気の犬にもアレルギーはあります。
それでは、そもそもアレルギーというのがどのような仕組みで起こるものなのかということについて簡単に解説します。

アレルギーというのは、免疫の過剰反応によって発生する症状です。
免疫機能のある動物は、有害な物質が自分の体内に入った時に、「抗原」というものを作り出します。
これは「次に同じ物質が入ってきた時に排除できるようにするため」のものです。
この抗原が、本来有害でないものに対して作られてしまったり、過剰に反応してしまうことによって、次に同じものを摂取した時に体が過剰に免疫反応を起こすことでアレルギーが発症します。
アレルギーの元となる物質は個体によって違っており、例えば通常なら食べられるものでも、犬によっては食べられないものが存在することもある、ということです。

ただ、人間の場合に比べて、犬のアレルギーというのは判断するのが難しいものでもあります。
それによってドッグフードを変えなければならないため、まずはチェックから始めましょう。